So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ストロボ・エッジ(別冊マーガレット)

a0179880_14542129.jpg

『ストロボ・エッジ』は、咲坂伊緒による日本の漫画作品。

『別冊マーガレット』(集英社)にて、
2007年7月号から2010年9月号まで連載されていた。
単行本は全10巻。


<<あらすじ>>

他の女の子たちと学年一の人気者・蓮を眺める日々を送る、
素直で純粋な高校生の仁菜子。

クラスメイトの大樹が自分に想いを
寄せていることに気付いてはいるが、
大樹のことを「いいヤツ」とは思いながらも、
自分の想いに自信を持てずにいた。
しかし、友達たちに「その気持ちが恋だ」と言われ、揺れ動く。

ある日、帰り道の電車の中で蓮と遭遇。
それ以来、何かと蓮と関わる機会が増え、
彼との他愛ない会話や優しい笑顔に、
仁菜子に今までなかった感情が芽生え始める……。


スポンサードリンク



<<登場人物>>

☆木下 仁菜子(きのした になこ)

p_LHCA-5119-00-1.jpg

1月13日生まれのやぎ座でO型。
茶髪で身長152cm、体重40kg。素直で純粋な女の子。

周囲から、大樹とは公然の仲のように扱われていたが、
蓮と関わっていくうちに、蓮のことを好きだと自覚。
大樹の告白を断り、夏休みに入る前に蓮に
駅のホームで告白するが振られた。

蓮を悪く言われ啖呵を切ってしまい、
蓮に振られた多数の女子たちが結成した「ふられんぼ同盟」に嫌われ、
嫌がらせを受けた事もあったが、蓮を一途に想い続けた。


☆一ノ瀬 蓮(いちのせ れん)

20100318001613351.jpg

10月26日生まれのさそり座でAB型。
黒髪で身長179cm、体重63kg。
コンタクトレンズを使用している。
学年で一番人気がある男子。

何人もの女子に告白されているが、
中学生の頃から付き合っている彼女(麻由香)がいるため断っている。

クールな雰囲気だがさりげないやさしさがある。
学いわく、仁菜子の前だと気が緩むらしい。


☆安堂 拓海(あんどう たくみ)

moblog_ccc12816.jpg

9月27日生まれの天秤座でB型。
明るい茶髪で身長177cm、体重56kg。
体型は自称「動けるもやし」。

仁菜子が蓮に告白している場面を見ており、
最初は興味本位で仁菜子に近づく。

軽い男子で、携帯には多数の女の子のアドレスが
登録されていたが、真っ直ぐな仁菜子に惹かれて本気で好きになり、
女子のアドレスを全て消去した。

拓海には初恋で苦い思い出があり、
その時諦めてしまったために、
仁菜子は絶対に諦めないと決めている。

(Wikipediaより引用)


スポンサードリンク



<<こちらもオススメ!>>

「病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語」
http://bit.ly/107lmhb

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/16dDett

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

こちらもイケメンが登場しますよ!オススメ!
http://bit.ly/14H1zoe



君に届け(別冊マーガレット)

kiminitodoke11.jpg


『君に届け』(きみにとどけ)は、
椎名軽穂による日本の少女漫画、
および、これを原作としたテレビアニメ・実写映画。
略称は「君届(きみとど)」。

『別冊マーガレット』(集英社)にて 2005年9月号より連載中。
第32回講談社漫画賞少女部門受賞作。
単行本は2013年1月現在、18巻まで刊行されている。

スポンサード リンク





<あらすじ>
北幌高校に入学した黒沼爽子は、陰気で見た目が暗く、
周りからは「貞子」と呼ばれ、クラスに馴染めないでいた。

しかし、クラスメイトの風早翔太や吉田千鶴、
矢野あやねなどの協力を得て、周囲の誤解を解き、
友情・恋愛などを通して成長していく。

<概要>
当初本作品は、椎名の前作である
『CRAZY FOR YOU』の単行本最終巻(第6巻)に収録するために
読み切り作品として執筆され、
『別冊マーガレット』2005年9月号に掲載された。

その後、『CRAZY FOR YOU』の次作の連載に際し
椎名が充分な構想を得られなかったため、
翌2006年、同誌1月号から同名作品として連載化された。

読みきりは『CRAZY FOR YOU』単行本最終巻には収録されず、
単行本第1巻にプロローグとして収録されている。

2009年3月号から椎名の出産により休載、
2009年10月号から連載が再開された。
単行本の累計売上数(第1巻 - 第12巻)は1400万部を超えている。

2009年10月6日から2010年3月30日までテレビアニメ第1期が、
また、2011年1月4日から同年3月29日まで第2期が
日本テレビ系にて放送された。

2010年、『別冊マーガレット』2月号誌上にて
実写映画化が発表され、同年9月に公開された。
この他、ニンテンドーDSでゲーム化もされている。

<Wikipediaより引用>


スポンサード リンク


学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語

私に近づいてきて、

「大丈夫」
「…」

彼みたいな人気者と話したら、
私はまたいじめられると思い、
逃げてしまう。

「ねえ、待ってよ」と
彼が私の手を掴む。

「やめてよ、近づかないで」
「なんで」
「だって…」

そのまま私を抱きしめる彼。
「なに…」
「お前のこと、ずっと好きだったんだ」
「えっ、なんで」


スポンサード リンク




「いつも友達かばって、苦しい思いしてるのに、
本当は泣きたいはずなのに、
すげえ頑張ってんだもん」
と私を見つめる彼。

「私なんかといるといじめられるよ」
「何、言ってんだよ、
イジメなんて、俺が無くしてやるよ」
「だって…」

後ろを振り返る彼。
大声で
「これからこいつの事をいじめる奴は絶対許さない!
だから、こいつをいじめたければ、俺の前に出てこい!」

すると周りで様子を見ていた
いじめていた生徒たちが逃げていく。
仲の良かった友達も含めて。

追いかけようとする私。
彼が私の手を掴んで。

「もうやめよ、これ以上苦しむ必要はないよ」
「だって、だって…」
泣き出す私。

彼は私をそっと抱きしめて、
「俺は絶対お前から離れないから。
もし信じたくなければ、信じなくてもいい。
でも、俺はぜーったいお前から離れてかないよ」

「いいの、本当に」

「俺はイジメとかどーでもいいし、
好きな人が目の前にいるのに、
これ以上傷つけられるのは見てられない!
だったら、俺も一緒にお前と傷ついた方がよっぽどいい!」

彼も泣きながら、私に語りかける。

思わず、私は「ありがとう」と言うと、
「うん」と微笑む彼も、
涙で顔があふれていた。


スポンサード リンク




<<バックナンバーはこちら>>

「病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/16dDett

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

「イケメンの友達からもらった最高のプレゼント」
http://bit.ly/13lbaEJ

「イケメンの彼氏が上京して1年…再会のはずが…」
http://bit.ly/11jmLCH

「イケメンの元カレと私の「変わらぬ想い」」
http://bit.ly/1becKsv

「優しいイケメン彼氏と私の物語<前編>」
http://bit.ly/1aoIrBk

「優しいイケメン彼氏と私の物語<後編>」
http://bit.ly/15ethYo


こちらもイケメンが登場しますよ!オススメ!
http://bit.ly/14H1zoe

オオカミ少女と黒王子(別冊マーガレット)

オオカミ.jpg

<作品紹介>

見栄っ張りなエリカは、
友達相手に彼氏とのラブラブ話を語るが、
実は彼氏いない歴16年。

そろそろ嘘も限界と思ったそのとき、
街で見かけたイケメンを盗撮。

自分の彼氏だと自慢したが、
その彼は同じ学校に通う佐田恭也だった。

事情を打ち明け彼氏のフリを
してもらうことを承諾してもらったが、
佐田くんは優しげな見た目とは
正反対の超腹黒ドS男子だった!

弱みを握られたエリカは佐田くんの犬を命じられてしまう…。


スポンサードリンク



<現在の展開>

佐田くんのお姉さん・怜香に連れられて、
佐田くんのお母さんが住む神戸に行くエリカと佐田くん。

エリカの頑張りもあって、
わだかまりのあった佐田くんとお母さんの
距離も少し近づいたみたい。

そして、夏休みが終わり2学期がはじまって…?

(別冊マーガレットホームページより引用)

スポンサードリンク

隣のあたし(別冊フレンド)

隣のあたし.gif

『隣のあたし』(となりのあたし)は、
南波あつこによる日本の漫画作品。

『別冊フレンド』(講談社)にて
2009年1月号から2012年3月号まで連載され、
2012年5月号・6月号掲載の後日譚をもって完結した。
単行本は講談社コミックス別冊フレンドより全10巻が刊行されている。


スポンサードリンク



<あらすじ>

中学3年生の主人公、仁菜が好きな人は
マンションの隣の部屋に住む1歳年上の幼馴染、京介。

京介が高校に進んでからも、
京介の弟も含め毎朝一緒に登校している。

仁菜は優しい京介といつか付き合うことを夢見ているが、
ある日彼のキスシーンを目撃してしまう。
どうしても京介が好きで、ついに告白したが、
いきなり京介がキスしようとしたので
結衣子とのキスを思い出してしまい拒否してしまう。

それで京介は仁菜が自分をおびえていると誤解してしまい、
結衣子と付き合ってしまう。
仁菜は二人を見ていると辛くなり、
彼を忘れたくても忘れることができず、せつない恋をする。

後に球技大会についての打ち合わせで
同級生の三宅からソフトボールをやればと言われ、
夏休みにソフトボールの練習をし始める。
京介もコーチをしてくれ、だんだん上手になってきた仁菜。
三宅から告白されてしまい、一緒にデートすることになった。
それで、三宅と離れたくないと思った仁菜は三宅と付き合う。

スポンサードリンク

イタズラなKiss(別冊マーガレット)

イタキス.jpg

『イタズラなKiss』(イタズラなキッス)は、
多田かおるによる日本の少女漫画、
およびそれを原作としたテレビドラマ・テレビアニメなどの総称。
略称は「イタKiss」「イタキス」。


<あらすじ>

斗南高校の入学式で、
落ちこぼれの女子高生・相原琴子は、
頭脳明晰な美少年・入江直樹に一目惚れするが、
話す機会もないまま3年生に。

2年間の想いをラブレターに託し
勇気を出して手渡そうとするも、
「頭の悪い女は嫌いだ」と
受け取ってすらもらえずにフラれてしまう。
その冷たい反応に、直樹への想いを断ち切ろうとする琴子。

そんなある日、新築したばかりの相原邸が震度2の地震で倒壊。
琴子のために災害募金を始めた
池沢金之助らにも冷めた言動を行う直樹に、琴子は怒りを露にする。

結局家を再建するまでの間、
父・相原重雄の中学生時代からの親友宅へ
父娘共々居候させてもらうことになったが、
何とその居候先は直樹の住む入江家だった……。

スポンサードリンク



<概要>
『別冊マーガレット』(集英社)で1990年6月号から連載開始。
当初は短編(全3話)の予定だったが、
作者本人の希望と読者からの人気を受け、長期連載となる。
1999年3月号まで連載中だったが、
作者の急逝により未完となる。単行本は全23巻。

1996年にテレビ朝日でテレビドラマ化された。

2005年には台湾で『惡作劇之吻』のタイトルでテレビドラマ化され、
同年度台湾のテレビドラマ年間最高視聴率を記録した。

2007年に台湾で続編『惡作劇2吻』が放送され、
前作に引き続き主演を務めた林依晨(アリエル・リン)は、
台湾版のエミー賞に相当する第43回電視金鐘奨で主演女優賞を受賞した。

2008年4月から同年9月まで
中部日本放送およびTBSでテレビアニメが放送された。
原作の未完部分を、作者が遺していた構想ノートなどを
基に構成し、完結させたストーリーとなっている。

2008年11月27日から同年12月7日まで
『舞台版 イタズラなkiss 〜恋の味方の学園伝説〜』のタイトルで
シアターサンモールにて舞台化された。

2010年には韓国で『장난스런 KISS 』
(イタズラなKISS)のタイトルでテレビドラマ化された。

2013年3月29日から『イタズラなkiss 〜Love in TOKYO』として
オリジナル要素も含めて
CS放送・フジテレビTWOにて再ドラマ化されている。

<Wikipediaより引用>


スポンサードリンク

花にけだもの(Sho-Comi)

花にけだもの.jpeg

『花にけだもの』(はなにけだもの)は、
杉山美和子による日本の漫画作品。
『Sho-Comi』(小学館)にて、
2010年17号から2012年23号まで掲載された。
単行本は2012年現在、8巻まで刊行されている。


<概要>

サブタイトルは「愛しくてたまらない」。

杉山美和子が『Sho-Comi』へ移籍後、
第2作目の連載漫画(前作は『嘘つきくすりゆび』)。

メインの登場人物の名前には
全て動物(けだもの)に関する漢字が入っている。
熊倉久実は「熊(くま)」、柿木園豹は「豹(ひょう)」、
日吉竜生は「竜(りゅう)」、和泉千隼は「隼(はやぶさ)」、
大神カンナは苗字の大神から「オオカミ」。

また、作中で登場する“蓮高”と
スクールリングの“ジンクス”は、
前作『嘘つきくすりゆび』の物語の舞台となった高校と
そのジンクスと同じものである。

2012年3月、
「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」に
10位にランクインした。

同年10月、『花にけだもの–僕らのはじめて–』として
ノベライズが刊行され、
既刊8巻までの単行本累計発行部数は100万部を突破している。


スポンサードリンク



<ストーリー>

――キミはけだもの。いまだ恋を知らない――

主人公熊倉久実は、
下見をする為に新しい転校先の学校“蓮高”へ訪れる。

そこで出会ったのは王子様のように
カッコ良くて優しい人、柿木園豹だった。
ところが豹は学校では超有名なプレイボーイで
全校女子生徒の憧れの人物。

そんなことを知らない久実は豹の本性を知らず、
瞬く間に恋に落ちファースト・キスを捧げてしまう。

豹の本性を知った久実は傷ついてしまうが、
豹を好きだという気持ちは簡単には消えなくて...?

(Wikipediaより引用)


スポンサードリンク

ラブ★コン(別冊マーガレット)

ラブコン.jpg

『ラブ★コン』は、
中原アヤによる日本の少女漫画作品、
およびそれを原作とした実写映画、テレビアニメ。

<概要>

2001年から2006年まで『別冊マーガレット』にて連載された。
第49回(2003年度)小学館漫画賞少女向け部門受賞。

単行本1 - 16巻に収録されている本編の『ラブ★コン』に加え、
リサと大谷の中学時代を描いた番外編『ラブ★コン プラス』、
高校卒業後、初めて過ごす夏休みの出来事を描いた
完結編とも言える読切『ラブ★コン ファイナル』が2007年に発表、
単行本17巻に収録されている。

なお、タイトルの『ラブ★コン』とは、
ラブリー・コンプレックスの略のこと。
『ラブ☆コン』や『ラブ・コン』と表記されることも多いが、
正確には『ラブ★コン』である。

2006年7月15日実写映画が公開。
2007年4月から同年9月までTBSほかでテレビアニメが放送された。


スポンサードリンク



<あらすじ>

舞台は大阪の高校、舞戸(まいど)学園。
主人公の小泉リサ(身長172cm)と大谷敦士(身長156.2cm)は、
入学当初からの犬猿の仲。
その身長差が傍目に愉快なことと口げんかが
まるで漫才のようであることから、
不本意ながらも学園のオール阪神・巨人として有名だった。

会えば喧嘩ばかりだったリサと大谷だが、
これ以上ないほど性格や音楽の趣味が合うことが判明し、
またお互いが身長という同じコンプレックスを
抱いていることにも気づく。

それと同時にリサは、大谷が持つさりげない優しさや
男らしさにも気づき、だんだん惹かれていくことになる。
自分にとって最高の相手である大谷。

ただ一点、身長を除いては…。

(Wikipediaより引用)


スポンサードリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。