So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

薄桜鬼〜新選組奇譚〜

はくおうき.jpg

『薄桜鬼 〜新選組奇譚〜』
(はくおうき しんせんぐみきたん)は、
2008年9月18日にアイディアファクトリー(オトメイト)から
発売された恋愛アドベンチャーゲーム、
およびこれを原作とするテレビアニメ、OVA、舞台、ミュージカル。


<概要>

キャラクターデザイン、原画はカズキヨネが担当。

作中には幕末の史実要素も多く取り入れられているが、
奇譚とされる一番の特徴として
本作の独自要素が中心に描かれることもあり、
史実とは異なった展開も多岐に渡る。

幕末重要人物のうち、
下記で紹介する以外は名前のみの登場となっている。
なお、シリーズの中で黎明録のみ、
恋愛アドベンチャーではなく
歴史アドベンチャーのカテゴリに分類されている。


スポンサードリンク



<ストーリー>

幕末、文久三年から物語は始まる。
主人公・雪村千鶴は江戸育ちの蘭学医の娘。
父・綱道は京で仕事をしており離れて生活をしていた。

ある日、父との連絡が取れなくなり心配になった千鶴は、
男装をして京の町を訪れる。

そこで千鶴はある衝撃的な場面に遭遇し、
新選組と出会い、父の行方を共に捜すこととなる。

新選組隊士達の間で起こる出来事、自身の出生、
交わる新撰組の隠された秘密。

幕末を駆け抜ける男達の生きるための闘いが繰り広げられる。

(Wikipediaより引用)


スポンサードリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。