So-net無料ブログ作成

「耳をすませば」(1995)

雫、大好き.jpg


<<あらすじ>>

読書好きの中学3年の月島雫は、
父の勤める図書館へよく通うが、
自分の読む本を全て先に借りて
読んでいる「天沢聖司」の名前に気がつく。

その天沢聖司が同級生だと
知るのに時間はかからなかったが、
天沢聖司のことが何かと気になる雫。

ある日、図書館への道で不思議な猫を見つけ、
その猫を追いかける。

猫は小さなアンティークショップ「地球屋」へ入っていき、
雫は店で老人・西司朗と出会う。

西老人は聖司の祖父で、
彼は地下の工房でヴァイオリンを作っていた。

聖司はヴァイオリン職人になるために
イタリアへ留学したいという夢をもっていた。

確固たる目標を持っている聖司に比べて、
何をするべきかが分からない雫。
雫は自分の夢を求め、物語を書き始める。



スポンサード リンク 







<<概要>>

1995年7月15日公開
。同時上映は『On Your Mark ジブリ実験劇場』。
キャッチコピーは「好きなひとが、できました」(糸井重里)。
近藤喜文の「最初で最後の監督長編作品」である。

宮崎駿の義父が建てた山小屋には、
彼の姪らが昔読んだ少女マンガ雑誌が残されていて、
宮崎は毎年夏の休暇中にそれらを読むのが習慣だった。

1989年の夏、雑誌がボロボロになったので、
宮崎が農協のスーパーで新しいのを買ったところ、
2度目に購入した雑誌に
原作漫画の連載2回目が掲載されていて、
これに興味を持ったのが制作のきっかけとなった。

一方耳をすませばの文庫本に掲載されている
鈴木敏夫の解説によれば、
山小屋とは宮崎の義理の父親のアトリエであり、
雑誌は宮崎の姪らが昔に読んだ雑誌だったという。

休暇を共にしたスタッフで耳をすませばの一部から
全体がどんな話なのかを膨らませていったといい、
実際に宮崎が原作を全編通して読んだとき、
「ストーリーが違う」と怒ったという。

原作者の柊あおいは、
以前から宮崎のファンであったが、
宮崎が本作品の映画化を希望しているという話を
担当からの電話で聞いた際、
それが信じられず、思わず「冗談でしょ」と返事をしたという。

作中にはいくつかの古楽器が登場する。
ヴィオラ・ダ・ガンバ、リコーダー、コルネット(ツィンク)、リュートなどである。

作中の「牢獄でヴァイオリンを作る職人」の挿絵は
宮崎駿の次男である宮崎敬介の作品である。

作中で雫は図書カードに書かれた名前から、
聖司に興味を持つといった描写がされているが、
プライバシーの保護などの観点から
本の貸し出しのバーコード化を進めている
日本図書館協会から公開当時、クレームがついた。

(wikipediaより引用)


スポンサード リンク 









「猫の恩返し」(2002)

バロン.jpg


<あらすじ>

何となく日常を過ごす、
ごく普通の女子高生・吉岡ハルは、
ある日、車に轢かれそうになった猫を助ける。

助けられた後、その猫は日本語で礼を述べ、
二足歩行で歩き去る。
実は、彼は猫の国の王子・ルーンだった。

次の日、猫の国から、
王子の命を救ったお礼の品が届けられるが、
猫じゃらし、マタタビ、ネズミといった、
猫しか喜びそうのない代物ばかり。

文句を言うハルに、
それならば猫の国へご招待致しますと
使者は答え、突然現れた猫の集団に、
ハルは連れ去られてしまう。

そこで、ハルは王子ルーンと結婚する事を
決められてしまい、猫耳と尻尾が生え、
ついには、猫のヒゲが生えて、猫にされてしまう。


スポンサード リンク



<概要>

スタジオジブリの作品『耳をすませば』の
主人公・月島雫が書いた物語、
という位置づけの作品で、
スピンオフ作品にあたる。

猫の男爵バロンが2作に共通して登場する。
宮崎駿のリクエストをうけて柊あおいが
描き下ろしたコミック『バロン 猫の男爵』を原作とする作品。

バロンの声を担当する声優は
主人公とのバランスを考慮し、
『耳をすませば』の露口茂から袴田吉彦に変更された
(監督曰く「若々しい感じを出したかった」との事。
もっとも、制作時点で既に露口は
芸能活動を休業している状態だった)。

また、『耳をすませば』で
雫の声を担当した本名陽子が、
クラスメイトのチカ役を担当している。

キャッチコピーは
「猫になっても、いいんじゃないッ?」(糸井重里)。

日本国内の興行収入64.6億円、
DVDとVHSを合わせたビデオグラム出荷本数は、
2007年5月時点で72万本を記録した。

(Wikipediaより引用)


スポンサード リンク






「Free!」(テレビアニメ)

Free!から-02.jpg


<ストーリー>

七瀬遙は、かつては同学年の橘真琴や
ライバルの松岡凛や下級生の葉月渚と
同じスイミングクラブに通っていた。

しかし、凛はオーストラリアに水泳留学してしまい、
さらにクラブが閉鎖してからは、
高校に水泳部が無いこともあって、
水にこだわりつつも泳ぐことをせず、無気力に暮らしていた。

しかし、同じ岩鳶高校に入学してきた渚から
閉鎖されたスイミングクラブが取り壊されることを聞き、
かつて凛の「大人になったら掘り起こそう」という提案で
クラブの裏庭にタイムカプセルとして埋めた
遙・凛・真琴・渚のチームがリレーで獲得した
優勝トロフィーを掘り起こすことになり、
凛を除いた3人で深夜に施設内へ入り込む。

そこでオーストラリアにいると思われていた凛と
数年ぶりの再会を果たすが、
昔とは違い凛は3人に非友好的な態度になっていた。
凛は留学から戻っており、
水泳の強豪校・鮫柄学園に編入していたことを知った
遙達3人は、今度は鮫柄学園に忍び込むのだった。


スポンサード リンク



<概要>

本作は、京都アニメーションが主催する
「京都アニメーション大賞」第2回で奨励賞を受賞し、
2013年7月8日にKAエスマ文庫から発売予定の
おおじこうじによるライトノベル『ハイ☆スピード!』を
原案(前史)にしている。

小学生のスイミングクラブでの優勝以降、
水泳から遠ざかっていた主人公たちが
高校在学中に設立した、男子水泳部での日々を描く。

報道向け資料では、
「躍動感あふれる美少年ぞろいの男子高校生たちの、
水泳と青春と絆の物語」などと銘打たれている。

2013年3月に本放送中だった
同じ京アニ制作テレビアニメ『たまこまーけっと』の枠内で
「水泳編」と称したCMが放送された後、
同年4月26日にニコニコ生放送にて行われた
「京都アニメーション新作発表会」にて、
本作が『ハイ☆スピード!』を原案としていることを発表し、
同時にタイトル、スタッフ、担当声優も明かされた。

朝日放送が製作委員会に参加しており、
京都アニメーションとしては初めて在阪局と組んだ作品となる。


<テレビアニメ「Free!」公式サイト>
http://iwatobi-sc.com/


(Wikipediaより引用)


スポンサード リンク

優しいイケメン彼氏と私の物語<後編>

この時、私は彼が
親友と付き合ってる事に動揺して、
どうすればいいか分からなくて。

「えっ、なんで…」
『俺さ、好きになっちゃって、こいつのこと』
「…」

彼が親友に頭ぽんぽんしてるのを見て、
これは本気なんだなって感じた。

私も突然の事に
その場にいずらくなって、
出ていってしまった…

何も考えられなく、
ただいなくなりたくて…
無我夢中で走ってた。


スポンサード リンク



半年後、親友にどうしても会って話したいって言われて、
本音は会いたくなかったけど、
仕方なく会いに行ってみると、

『ごめん、ほんとに』
「…もう、いいよ…好きになったんでしょ」
『…ごめん』
「謝るだけなら、もういいから、帰るよ」
『違うの、彼に頼まれたの』
「…」

すると、親友が手紙を取り出して、

『これ、あなたの彼から』
「なに」
『いいから読んで』
「…」

彼の手紙を空けてみると…

--------------------------

ごめん、実はあの時、嘘ついてたんだ。

彼女に手伝ってもらって、別れる事にした。

実は俺、もう3ヶ月しか
生きられないんだって言われて
だから、君を悲しませたくないから
一瞬、俺の彼女になってって頼んだんだ。

だから、彼女を責めないであげて。

不器用でごめんね。

でも、好きだって事は全然変わんない。
君の事が好きで好きで…
まじ会いたい…ちょー会いたい。

本当に今までありがと。
すっごい楽しい時間をありがと。

最後に、こんな形になっちゃったけど、
僕も君の事を一生守ってくから、
よければ、結婚しよ。
--------------------------

私は彼の真意を知って、
今まで抑えていた涙がどっとこぼれてきて、
ただただ「ごめん」ってしか言えなかった。

「ごめんね、ごめん」
『今でも、彼はあなたの事が好きだよ』
「う…ん」
『ずっと言ってたもん、会いたいって』

私はこらえきれず、
親友を抱きしめて、

「ほんとにありがとね、私こそごめんね」
『ううん、私の方こそ』
「…」

親友は彼の様に私の頭をなでなでして、
まるで彼が私を慰めてくれているようだった。

今だからこそ、しっかり生きなきゃね。
彼に申し訳ないもん。

見える世界は違うかもしれないけど、
これからもよろしくね。


スポンサード リンク




<<おすすめバックナンバーはこちら>>

「病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語」
http://bit.ly/107lmhb

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/16dDett

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

「イケメンの友達からもらった最高のプレゼント」
http://bit.ly/13lbaEJ

「イケメンの彼氏が上京して1年…再会のはずが…」
http://bit.ly/11jmLCH

「イケメンの元カレと私の「変わらぬ想い」」
http://bit.ly/1becKsv

「優しいイケメン彼氏と私の物語<前編>」
http://bit.ly/1aoIrBk












優しいイケメン彼氏と私の物語<前編>

思えば、私は彼の事なんて、
何にも分かってなかった。

いつも笑顔でみんなにモテモテで、
どんな人にも優しく、
顔も心もイケメンな彼が、
私なんかと付き合ってくれた事自体に
感謝するべきだったはずなのに。

本当にごめんね…
今更、後悔しても遅いのにね、バカだよね、私って。

もうあれから1年か…


スポンサード リンク



ちょうど1年前、私の誕生日。

彼がなかなかいつも予約で一杯のホテルを
予約してくれて、内心舞い上がってたっけ。

すると彼がホテルの前で待っててくれて、

「ごめん、遅くなっちゃった」
『いいよ、全然…いこっか』
「うん」

始めてホテルの中に入ったものの、
あまり豪華でさすがに驚いちゃって…

「ねえ、大丈夫、高かったでしょ」
『いいの、今日は』
「だって」
『そういう事、言わせんなよ』
「ごめん」

彼が私の頭をなでなでしながら、

『いいって、そういう顔もちょー好きだから』
「もう…」
『早くいこ…見せたいものがあるんだ』
「なにを」
『見るまでのお楽しみだよ』

彼が私の腕を急に引っ張って…
付き合い始めた時に彼に引っ張られた事を
思い出して、何か嬉しかった。

そして、一番上の奥の部屋に着いて、
彼がドアを開けると、
夜景が一面に広がっていた。

「…すごい」
『さあ、お姫さま、どうぞ』
「う、うん」

感動のあまり、夜景に吸い込まれていた。
もう他には何もいらないって感じで。

で、振り返って彼を見ると、
彼と私の親友が一緒にソファーに座っていた。

「えっ…なんで」

親友は何も言わず、彼を見ていて、

『ごめん、実は…』
「…」
『付き合ってるんだ…』

私はこの時、彼氏と親友、
同時に裏切られてしまったと思って、
頭が真っ白になって…

でも、実は…

<<続きは後編で>>
ここをクリックしてね⇒ http://bit.ly/15ethYo


スポンサード リンク




<<おすすめバックナンバーはこちら>>

「病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語」
http://bit.ly/107lmhb

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/16dDett

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

「イケメンの友達からもらった最高のプレゼント」
http://bit.ly/13lbaEJ

「イケメンの彼氏が上京して1年…再会のはずが…」
http://bit.ly/11jmLCH

「イケメンの元カレと私の「変わらぬ想い」」
http://bit.ly/1becKsv

「優しいイケメン彼氏と私の物語<後編>」
http://bit.ly/15ethYo










イケメンの元カレと私の「変わらぬ想い」


「俺さ、すっごい有名になって、
お前を迎えにくるから」

なんて言葉を残して、
イケメンの彼氏がいなくなってもう8年。

息子も大きくなってきて、
そろそろ彼の事を
忘れなきゃいけないのかなって思ってた…

スポンサード リンク



「こら、あんた、何、やってんの」
『えっ、遊んでるの』
「もうまた怒るよ」
『ごめん…』

彼の様にいたずら好きで、
毎日の様に私を困らせる息子。

でも、すごく彼に似てる。
だから、今まで彼の事が忘れられなかった。
彼と私の息子。

いつの間にか、
息子がテレビを見ている。

『ねえ、あのハンカチ…』

息子が指差したのが、
<白と黒のストライブのハンカチ>だった。

「うん、お父さんの…」
『もういいよ、その話、飽きた』
「あんた生意気…」
『そういえばさ…』
「なに…」
『この前、同じの持ってる人、見たよ』
「えっ…まさか…」
『そうだ、この人だよ』

息子がテレビを指差して…

「どこに…」
『近くの公園だよ、でも、この人、
有名な俳優さんでしょ、すごい、かっこ…
あれ、お母さん』

----------------------------------------

そう、思わず駆け出してたっけ。

何も考えずに…
いつの間にか公園まで走ってて、

本当に嬉しくて、
たまらなく愛しくて、
もう8年待った事なんてどうでもよくて、
いつの間にか彼に飛びついていた。

やっぱり「想いは変わらなかった」んだ。


スポンサード リンク



<<バックナンバーはこちら>>

「病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語」
http://bit.ly/107lmhb

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/16dDett

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

「イケメンの友達からもらった最高のプレゼント」
http://bit.ly/13lbaEJ

「イケメンの彼氏が上京して1年…再会のはずが…」
http://bit.ly/11jmLCH

「優しいイケメン彼氏と私の物語<前編>」
http://bit.ly/1aoIrBk

「優しいイケメン彼氏と私の物語<後編>」
http://bit.ly/15ethYo

「ハウルの動く城」(2004)

ハウルの動く城.jpg



<あらすじ>

魔法と科学が同時に存在する世界で、隣国と戦争している王国の、とある町。
そこで、自分に自信が持てない主人公―ソフィーは、
小さな帽子屋―ハッター家の長女としてお針子の仕事をしている少女。

しかしある祭りの日、妹―レティーの元へ向かう途中で出逢った
噂の魔法使い―ハウルと共に、
長年ハウルを追う魔女―荒地の魔女の使い魔から町を逃げ回る。
が、その晩、荒地の魔女本人が店に現われ、
ソフィーにまるで90歳の老婆のような年寄りへと姿を変えてしまう呪いを掛けていく。
翌朝、義母―ファニーに嘘を吐いて家を出たソフィーは、
荒野で不思議なカカシ―カブにより、ハウルの“動く城”へと導かれる。


スポンサード リンク




動く城の掃除婦となったソフィーは、
実は甘ったれで臆病者のハウルに呆れながら、その弟子の少年―
マルクルや、ハウルとの契約で城を動かしている火の悪魔―
カルシファーやカブと家族のように時を過ごす内、
次第にハウルに惹かれるようになるソフィー。

しかし戦火は確実にソフィー達へ忍び寄り、
ハウルの師匠―サリマンによる
戦争への招聘を嫌がっていたハウルも
「ようやく守らなければならないものが出来たんだ、君だ」と
ソフィーに言い残し、異形の姿で戦場へ飛び立ってしまう。

城に避難させられたソフィーだったが、
ハウルを救おうとカルシファーを説得して城を動かし、
逆に崩壊させてしまう。

サリマンの使い犬―ヒンと転落した谷底で、
目の前に残されていた扉から過去へ赴いたソフィーが視たのは、
星の降る夜に秘密の花園でカルシファーと出会う幼いハウル。

そんなハウルに、「必ず行くから未来で待っていて」と叫びながら、
現在に戻ったソフィーが目にしたのは、
戦場からは戻ったものの怪我や悪魔との契約による負荷に蝕まれた、
瀕死のハウルだった。
涙を拭いたソフィーはハウルの命を救う為、
ハウルとカルシファーの契約を解きに掛かる。

(Wikipediaより引用)


スポンサード リンク



<<おすすめバックナンバーはこちら>>

「病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語」
http://bit.ly/107lmhb

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/16dDett

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

「イケメンの友達からもらった最高のプレゼント」
http://bit.ly/13lbaEJ

「イケメンの彼氏が上京して1年…再会のはずが…」
http://bit.ly/11jmLCH


イケメンの彼氏が上京して1年後の出来事

去年の今頃も桜が満開だったっけ。

満開の桜の中で、
バスを待ってた時に、

『やっぱり、お前ってかわいいよな』
「なに、急に」
『長距離なんて嫌だな、俺』
「だって、君の夢でしょ」
『うん、でも…』

するとバスがやってきて、

「きたよ」
『うん』
「いってらっしゃい」

突然、彼が私に唇を重ねて、

「もう…」
『まじ、お前の事、好きだがら』
「うん、分かってるよ」
『じゃあ、行ってくるよ』

彼は上京してしまった…


スポンサード リンク




でも、彼とは毎日のようにメールや電話で
やりとりしてんたんだ。

そして、ちょうど1年後の春。
久しぶりに会う事になって…

【やっぱり、かっこよくなってるのかな】とか
【浮気とかしてたりして】とか
いろんな事を考えながら、
彼と別れたバス停に立ってたっけ。

そして、彼が乗っているバスが着いて、
すごく緊張してたな…

バスからは何人か降りてきて、
そろそろかななんて
また緊張したりして…もう恥ずかしい。

でも、彼がなかなか降りてこなくて
【あれ…どうしたのかな】

すると、誰かが私の名前を呼んで、
『おーい』
「うん」
『ねえ、元気だった』
「…」

【えっ、誰、この人?…すっごい綺麗、モデルみたい】

「どなたですか?」
『だから、私だって』
「私って…」
『あっ、そっか、ごめん、俺だっての方がいいっか』
「えっ、俺…って」
『キスすれば、思い出す?』
「えー、って…」
『ごめん、実はこれが俺の夢だったんだ』

さすがに驚きのあまり、私は何も言えなかった。
【私の…私の彼氏…えっ、女…いや…】


そう、私の彼氏は女性になってたの。
それもモデルさんみたいにすっごいキレイな女性に。

彼の夢は「世界一のモデル」さんになる事だって…
まあ、でも彼ならば出来るかも。



スポンサード リンク



<<バックナンバーはこちら>>

「病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語」
http://bit.ly/107lmhb

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/16dDett

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

「イケメンの友達からもらった最高のプレゼント」
http://bit.ly/13lbaEJ

「イケメンの元カレと私の「変わらぬ想い」」
http://bit.ly/1becKsv

「優しいイケメン彼氏と私の物語<前編>」
http://bit.ly/1aoIrBk

「優しいイケメン彼氏と私の物語<後編>」
http://bit.ly/15ethYo

イケメンの友達からもらった最高のプレゼント

ある日、私は彼氏と喧嘩しちゃって…
もう何回目だろ。

「もう私たち、終わりなのかな」

別れてから1週間くらいだったかな…
ふと彼氏のイケメンの友達から
電話がかかってきた。

<もう知ってるんだろうな、私たちのこと…>
<どうしたらいいのかな、こういう時って。>

でも、このまま無視するってのも悪いので、
電話に出てみると、

「はい」
『ひさ…しぶり』
「うん」
『元気』
「…元気かな」
『そっか、お前にさ、話したい事があってさ、今から会いたいなって』

<友達が私の事を好きだって事も知ってるし、
こういう時、どうしたらいいのかな。>

「いいよ、会おっか」
『じゃあ、あの公園でいい?』

いつも一緒にいた彼と別れて、
私も寂しかったのかな…

すっごいイケメンなのに、
彼氏と私の事を支えてくれて、
でも、やっぱり彼氏の事が忘れない…

そんな複雑な気持ちのまま…


スポンサード リンク



『おっ、久しぶり』
「うん、そだね…」
『お前さ、すっげぇ嘘つくの、下手だよね…』
「嘘って」
『あいつと別れたんだろ』
「…」
『もうさ、俺と付き合えよ』
「…」
『あいつの事なんて、俺が忘れさせてやるからさ』
「…」

すると、友達がポケットから小さな箱を取り出して、

『これさ、俺からのプレゼント』
「…これ」
『俺からの気持ち、恥ずかしいからさ…』
「…うん」
『開けて』
「いいの」

小箱を開けると、手紙が入ってて
「後ろを見て」と一言。

友達の顔を見ると、満面の笑みで…

後ろを見ると、彼が立っていた。

『やっぱりお前さ、あいつの事、好きなんだろ』
「えっ…」
『俺もお前の好きだけど、あいつにはかなわないもん』
「…」
『あいつもお前の事、死ぬほど好きなんだって』


イケメンの友達からもらったプレゼントは「彼氏」だった…


私にも彼氏にも後悔してほしくなかっただって…

本当に「ありがと」



スポンサード リンク



<<バックナンバーはこちら>>

「病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語」
http://bit.ly/107lmhb

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/16dDett

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

「イケメンの彼氏が上京して1年…再会のはずが…」
http://bit.ly/11jmLCH

「イケメンの元カレと私の「変わらぬ想い」」
http://bit.ly/1becKsv

「優しいイケメン彼氏と私の物語<前編>」
http://bit.ly/1aoIrBk

「優しいイケメン彼氏と私の物語<後編>」
http://bit.ly/15ethYo




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。