So-net無料ブログ作成

5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語

「おーい」

後ろを振り返ってみると
彼が立っていた。

「えっ、なに…」
「ごめん、久しぶり」

「どうしたの、今まで」
「実は、昨日まで留学でイギリスに行ってたんだ」
「留学…」
「ごめん、言えなくて」

私が彼に詰め寄りながら、
「なんで言ってくれなかったの」
「親がさ、どうしても言うなって」


スポンサード リンク




「そっか、ごめんね、私のせいだね」
「…」
「なんか勘違いしてたんだね、
凄く嬉しくてね、いつも遊んでくれて」
「…」
「逢っちゃだめだって、分かってても、
いつもここに来ちゃうんだよね、ごめんね」

帰ろうとする私の腕を掴む彼。

「誰がそんなこと言ったんだよ」
「だって…」
「もうどうでもいいんだって」
「えっ…」
「とにかく、お前が好きなんだよ」

彼は私を思いっきり抱きしめて…
「ちょっと」
「いい、俺と付き合え」
「うん、いいの、本当に?」
「良くなきゃ抱かないから、俺、そんなにチャらく見える?」
「全然見えない」

私が少し笑うと、
「じゃあ、このままでいて、ちょー緊張してんだけど」
「うん、いいよ」

後から聞いた話なんだけど、
彼は、私と付き合う為に3年間留学したんだって。
お父さんに本当に2人が信じてあっていられるか
試されていたんだって。

でも、彼も私も好きでたまらなかったんだね。
3年経っても彼の「笑顔」を
忘れる事が出来なかっただもんね。

こんな私だけど、これからもよろしくね。
本当に「ありがと」


スポンサード リンク




<<バックナンバーはこちら>>

「病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語」
http://bit.ly/107lmhb

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

「イケメンの友達からもらった最高のプレゼント」
http://bit.ly/13lbaEJ

「イケメンの彼氏が上京して1年…再会のはずが…」
http://bit.ly/11jmLCH

「イケメンの元カレと私の「変わらぬ想い」」
http://bit.ly/1becKsv

「優しいイケメン彼氏と私の物語<前編>」
http://bit.ly/1aoIrBk

「優しいイケメン彼氏と私の物語<後編>」
http://bit.ly/15ethYo


こちらもイケメンが登場しますよ!オススメ!
http://bit.ly/14H1zoe


カノジョは嘘を愛しすぎてる(Cheese!)

カノジョ.jpg

『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
(カノジョはうそをあいしすぎてる)は、
青木琴美による日本の漫画作品。

『Cheese!』(小学館)にて、2009年5月号から連載中。
単行本は2013年1月現在、10巻まで刊行されている。
2013年12月に佐藤健主演で実写映画が公開される。


<あらすじ>

――嘘ばかりつく僕のことを
カノジョは「正直な人だ」って言うんだ。

人気バンド・クリュードプレイの大ファンである
小枝理子は、ある日一人の男性、
“小笠原心也”と名乗る人物にナンパされる。

理子は彼が鼻歌で歌っていたメロディーに聞き惚れ、
彼が元クリュードプレイのメンバー
(小笠原)秋だと知らずに付き合うことになるが…?


スポンサード リンク




<概要>

作者が『小学館漫画賞』受賞後第1作目であり、
『Sho-Comi』から『Cheese!』へ移籍後初の連載作品である。
話数カウントは「…song」(…部分は1st, 2ndなど英語の序数)で、
各話のサブタイトルは詩的なものになっている。

単行本は1、2巻のみ同時発売され、
帯の惹句は「今度の青木はROCKだ!!!!!」であった。

8巻までの累計発行部数は250万部を突破している。

2011年6月には、作中の主人公である“小枝理子”が
ペプシネックスのポスターに起用され、
実際に物語の中でもペプシネックスのCMに
理子が歌手としてのデビューに起用されるという、
リンクしたシーンがある。

『Cheese!』2012年4月号にて、
映画化になることが発表されると同時に、
主人公の“小枝理子”役を公募オーディションで決定することが告知された。

この映画化決定で青木琴美連載作品、
3作連続映画化されることとなった。

(Wikipediaより引用)

スポンサード リンク






「今日、恋をはじめます」(Sho-Comi)

今日、恋をはじめます。.jpg


『今日、恋をはじめます』(きょう、こいをはじめます)は、
水波風南による日本の漫画作品。

『Sho-Comi』(小学館)にて、
2007年19号から2011年24号まで掲載された。

内、2011年11号のみ休載している。
そして2012年『Sho-Comi』3.4合併号〜5号に前後編として、
連載終了後のその後のストーリーが掲載された。

<概要>

水波風南の5作目の連載作品である。

2008年、『Sho-Comi』本誌6号付録にてドラマCD化され、
2010年にはコミックス限定版としてアニメ化された。

2012年5月時点で単行本累計発行部数が800万部を突破、
そしてこの作品で
水波の単行本累計発行部数が1000万部を突破した。


スポンサード リンク



<あらすじ>

日比野つばきは、高校に入学したばかりの
真面目が取り柄の女子高生。

真面目過ぎるつばきは、三つ編みに、
服装もいわゆる「戦時中の女学生」の姿で、
入学式から注目の的となってしまう。

そんな中、学校一のモテ男で
名前の似ている・椿京汰と偶然隣の席になることに…。

その上、ある事件がきっかけで彼にファーストキスを奪われ、
遊ばれていると分かっていても、
次第に京汰に惹かれていくつばきだが…?


スポンサード リンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。