So-net無料ブログ作成
検索選択

優しいイケメン彼氏と私の物語<前編>

思えば、私は彼の事なんて、
何にも分かってなかった。

いつも笑顔でみんなにモテモテで、
どんな人にも優しく、
顔も心もイケメンな彼が、
私なんかと付き合ってくれた事自体に
感謝するべきだったはずなのに。

本当にごめんね…
今更、後悔しても遅いのにね、バカだよね、私って。

もうあれから1年か…


スポンサード リンク



ちょうど1年前、私の誕生日

彼がなかなかいつも予約で一杯のホテル
予約してくれて、内心舞い上がってたっけ。

すると彼がホテルの前で待っててくれて、

「ごめん、遅くなっちゃった」
『いいよ、全然…いこっか』
「うん」

始めてホテルの中に入ったものの、
あまり豪華でさすがに驚いちゃって…

「ねえ、大丈夫、高かったでしょ」
『いいの、今日は』
「だって」
『そういう事、言わせんなよ』
「ごめん」

彼が私の頭をなでなでしながら、

『いいって、そういう顔もちょー好きだから』
「もう…」
『早くいこ…見せたいものがあるんだ』
「なにを」
『見るまでのお楽しみだよ』

彼が私の腕を急に引っ張って…
付き合い始めた時に彼に引っ張られた事を
思い出して、何か嬉しかった。

そして、一番上の奥の部屋に着いて、
彼がドアを開けると、
夜景が一面に広がっていた。

「…すごい」
『さあ、お姫さま、どうぞ』
「う、うん」

感動のあまり、夜景に吸い込まれていた。
もう他には何もいらないって感じで。

で、振り返って彼を見ると、
彼と私の親友が一緒にソファーに座っていた。

「えっ…なんで」

親友は何も言わず、彼を見ていて、

『ごめん、実は…』
「…」
『付き合ってるんだ…』

私はこの時、彼氏と親友、
同時に裏切られてしまったと思って、
頭が真っ白になって…

でも、実は…

<<続きは後編で>>
ここをクリックしてね⇒ http://bit.ly/15ethYo


スポンサード リンク




<<おすすめバックナンバーはこちら>>

病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語」
http://bit.ly/107lmhb

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/16dDett

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

「イケメンの友達からもらった最高のプレゼント
http://bit.ly/13lbaEJ

「イケメンの彼氏が上京して1年…再会のはずが…」
http://bit.ly/11jmLCH

「イケメンの元カレと私の「変わらぬ想い」」
http://bit.ly/1becKsv

「優しいイケメン彼氏と私の物語<後編>」
http://bit.ly/15ethYo










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。