So-net無料ブログ作成
検索選択

イケメンの彼氏が上京して1年後の出来事

去年の今頃も桜が満開だったっけ。

満開の桜の中で、
バスを待ってた時に、

『やっぱり、お前ってかわいいよな』
「なに、急に」
『長距離なんて嫌だな、俺』
「だって、君の夢でしょ」
『うん、でも…』

するとバスがやってきて、

「きたよ」
『うん』
「いってらっしゃい」

突然、彼が私に唇を重ねて、

「もう…」
『まじ、お前の事、好きだがら』
「うん、分かってるよ」
『じゃあ、行ってくるよ』

彼は上京してしまった…


スポンサード リンク




でも、彼とは毎日のようにメールや電話で
やりとりしてんたんだ。

そして、ちょうど1年後の春。
久しぶりに会う事になって…

【やっぱり、かっこよくなってるのかな】とか
浮気とかしてたりして】とか
いろんな事を考えながら、
彼と別れたバス停に立ってたっけ。

そして、彼が乗っているバスが着いて、
すごく緊張してたな…

バスからは何人か降りてきて、
そろそろかななんて
また緊張したりして…もう恥ずかしい。

でも、彼がなかなか降りてこなくて
【あれ…どうしたのかな】

すると、誰かが私の名前を呼んで、
『おーい』
「うん」
『ねえ、元気だった』
「…」

【えっ、誰、この人?…すっごい綺麗、モデルみたい】

「どなたですか?」
『だから、私だって』
「私って…」
『あっ、そっか、ごめん、俺だっての方がいいっか』
「えっ、俺…って」
『キスすれば、思い出す?』
「えー、って…」
『ごめん、実はこれが俺の夢だったんだ』

さすがに驚きのあまり、私は何も言えなかった。
【私の…私の彼氏…えっ、女…いや…】


そう、私の彼氏は女性になってたの。
それもモデルさんみたいにすっごいキレイな女性に。

彼の夢は「世界一のモデル」さんになる事だって…
まあ、でも彼ならば出来るかも。



スポンサード リンク



<<バックナンバーはこちら>>

病気のイケメン彼氏が最後に私に伝えたかったこと。」
http://bit.ly/10bIFX2

「初恋のイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/16N553F

「学校一のイケメンと全てに失望していた私の物語」
http://bit.ly/107lmhb

「傷ついたイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/123reFl

「5月の風とともに突然いなくなったイケメン彼氏と私の物語」
http://bit.ly/16dDett

「少しドSで意地悪なイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13hBXyn

「妹が願ったイケメン彼氏と私の物語。」
http://bit.ly/13nJQ5m

「イケメンの友達からもらった最高のプレゼント
http://bit.ly/13lbaEJ

「イケメンの元カレと私の「変わらぬ想い」」
http://bit.ly/1becKsv

「優しいイケメン彼氏と私の物語<前編>」
http://bit.ly/1aoIrBk

「優しいイケメン彼氏と私の物語<後編>」
http://bit.ly/15ethYo
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。