So-net無料ブログ作成

鋼の錬金術師(月刊少年ガンガン)

ハガレン.jpg

『鋼の錬金術師』(はがねのれんきんじゅつし)は、
荒川弘による日本の漫画作品。

また、それを原作とした派生作品。
『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)にて、
2001年8月号から2010年7月号まで連載された。
全108話。同年10月号には番外編が掲載された。

単行本は全27巻が発売されており、
累計発行部数は5700万部を記録し、
スクウェア・エニックス発行のコミックスの最高記録となる。


<概要>

錬金術が存在する架空の世界を舞台とした
ファンタジー漫画(作品の帯などでは「ダーク・ファンタジー」であるとされる)。
物語の世界は、19世紀の産業革命期のヨーロッパをモチーフにしている。

連載終了時点で『月刊少年ガンガン』の
連載中作品の中では最長連載された作品である。

最終回が掲載された2010年7月号は、
通常の2割増しの発行部数であったにもかかわらず
完売(スクウェア・エニックス発表)したため、
最終回が同年9月号にも
再び掲載されるという異例の事態となった。

公式でもよく用いられる略称は「ハガレン」。
また、英語版タイトルの「Fullmetal Alchemist」
(2009年アニメシリーズの副題にもなっている)の
頭文字を取って「FA」、「FMA」と呼ばれることもある。
「Fullmetal」という語は和製英語であり、
本来は「Full Metal」と分けて表記する。


スポンサード リンク



<ストーリー>

幼き日に最愛の母親、トリシャ・エルリックを
亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンスのエルリック兄弟は、
母親を生き返らせようと、
錬金術における最大の禁忌、人体錬成を行う。

しかし錬成は失敗し、エドワードは左脚を、
アルフォンスは自らの身体全てを失ってしまう。

エドワードは自身の右腕を代価として、
アルフォンスの魂を鎧に定着させることに
辛うじて成功したが、自分達の愚かさに気づく。

その後エドワードは自ら失った右腕と左脚に
機械鎧(オートメイル)を装着し、仮の手足を手に入れる。

12歳となったエドワードは国家錬金術師となり、
二つ名「鋼」を授けられ、
アルフォンスと共に元の体に戻る為、
絶大な力を持つ賢者の石を探す旅に出る。

しかし、旅先では数々の試練が
エルリック兄弟を待っていた。

エドワードを「人柱」と語る人造人間(ホムンクルス)や、
国家錬金術師を狙う傷の男(スカー)など、謎の敵が現れる。
さらには目的を同じくする異国の者達まで現れ、
兄弟の旅は波乱を究める。

かつて起こった「イシュヴァール殲滅戦」を巡る陰謀が漂う中、
兄弟は絆を深めながら元の体に戻る方法を探し続ける。


<Wikipediaより引用>

スポンサード リンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。