So-net無料ブログ作成
検索選択

花より男子(マーガレット)

花より男子.jpg



『花より男子』(はなよりだんご)は、
神尾葉子による日本の少女漫画作品。

『マーガレット』(集英社)で1992年から2004年まで連載された。
単行本は全37巻、完全版全20巻発売されている。
第41回(平成7年度)小学館漫画賞受賞。


<ストーリー>
名門の筋や素封家の子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、
親の推薦により入学した一般庶民の牧野つくしだったが、
学校は、道明寺財閥の御曹司・司、花沢物産の御曹司・類、
日本一の茶道の家元「西門流」の跡取り息子・総二郎、
高校生でありながら総合商社・美作商事の副社長を務めるあきらの
F4(Flower 4―“花の四人組”)に牛耳られていた。

学校は、F4の親から多額の寄付を受けていたため、
生徒達はもちろん教師達ですら彼らに逆らう事が出来なかった。
つくしは、それに違和感を持ちながらも、
平凡な高校生活を送ろうとしていた。

ところがある日、つくしはF4に花瓶の水をかけた事が原因で、
F4に赤札を貼られ、学校全体からいじめのターゲットにされてしまう。
しかし、正義感の強いつくしは
彼らの性根を叩き直さんとばかりに立ち向かって行く。

そんな中、道明寺はつくしのことを好きになってしまい、
それからは彼女一途でそればかり……
いじめられ騙され続けたつくしの人生が、
このF4によって変わり始めた。
次第に2人の思いは通じ合っていくが、
様々な事情(楓が中心)が彼らの恋路を阻むようになる。


スポンサード リンク



<概要>

裕福な生徒の多い学園に入学した
貧乏少女「つくし」の奮闘の物語で、
大金持ちの男子グループ「F4」を含む
正反対な人達が生み出す差別やいじめ、
ギャグコメディも入った恋愛ストーリー。

集英社発刊の『マーガレット』の屋台骨として、
長年に渡り根強い人気を博したが2004年にその連載を終了した。
女性読者だけに限らず男性読者も多く、ファン層の年代も幅広い。

過去にアニメ化、テレビドラマ化、
2度の映画化もされている
(2度目の映画は、ドラマシリーズから)。

台湾でも『流星花園(りゅうせいはなぞの)』の題名で
テレビドラマ化もされている
英語表記もそのままMeteor Garden。
2009年1月から3月まで、
韓国KBSでも、
『꽃보다 남자(コッポダナムジャ)』の題名でテレビドラマ化された。

2005年9月の時点で発行部数4800万部と
少女漫画歴代2位の売上げだったが、
日本でのドラマの大ヒットを受け、
同年12月には発行部数を5800万部まで伸ばし、
日本一売れた少女漫画となった。

発行部数はメディアによって多少違う。
「王様のブランチ」(2007年8月18日放送)では5920万部、
「めざましテレビ」では6000万部突破とされている。

2005年12月9日発売の『マーガレット』本誌において、
2006年中に続編を描くことを作者が明言し、
2006年7月5日発売の同誌2006年15号に読み切り形式で発表され、
完全版最終巻に収録された。

2008年1月4日発売の『マーガレット』で
花沢類主役の前後編「俺の話をしようか」が掲載された。
2008年6月には、2006年に読み切りとして掲載された続編と
「俺の話をしようか」を収録した単行本37巻が発売された。


スポンサード リンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。